イベント続き

2011/10/28
食欲の秋本番!東胆振地産地食フェアと東胆振物産まつりに参加しました。地食フェアでは、地元の野菜を使った創作漬物を出品、来場の皆様に喜んでいただきました。物産まつりでは、ハスカップを使った漬物を販売、こちらも好評です。これからも色々な機会を通じPRしていきたいと思います。

タイの洪水

2011/10/25
タイでの洪水被害が拡がっています。弊社が仕入れる生姜原料の工場は、タイ北部の比較的標高が高い地域にあるので直接の被害はありません。ガリ用の原料は既に入荷済ですが、紅生姜用の原料はこれからコンテナでバンコク港に陸送され、今のところ予定通りとのこと。これ以上被害が大きくならないことを祈ります。

生姜原料の買付け

2011/09/07
今年も生姜の買付けでタイへ行ってきました。昨年とはうって変って雨が多く、心配していた作柄も良好の模様です。ただし、新政権の政策で所得水準が上がるなど諸経費も高騰し、タイの通貨バーツ高もあって、依然として原料高が続いています。とはいえ良質の商品づくりのためタイ産の生姜は欠かせず、今年も頭の痛い年になりそうです。

東日本大震災による影響について

2011/03/16
この度の大地震は、日本はもとより世界にとっても歴史的な大震災となりました。被害にあわれました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられました方々に深く哀悼の意を表します。 弊社商品につきましては、今後原材料の一部が入手困難になることが予想されております。商品を切らさぬよう最大限努力いたしますが、この先、製造が困難になる状況も想定されますので、予めご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 被災地の一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

かつおだしミックス

2011/02/14
弊社にしては珍しくチョッと濃い味の「かつおだしミックス」が新発売になりました。白菜、キャベツや胡瓜、大根など種類豊富な野菜をかつおだしの効いた調味液に漬込みました。しっかり漬け込んだ茄子もアクセントになり、癖になる美味しさです。お近くの生協、スーパーでお求めください。苫小牧は依然として雪の少ない冬ですが、春が待ち遠しいこの頃です。

2011年元日

2011/01/01
あけましておめでとうございます。少し風が冷たいものの穏やかな年初めとなりました。政治・経済、国際情勢や気象までもがイレギュラーな昨今ですが、きっとこれがスタンダードなのかもしれないと諦観させられる新年。こんな時こそ、冷静で柔軟な心構えが求められるのでしょう。でもチョット飛び跳ねる元気が欲しい卯年の始まりです。

大根が美味しい新商品

2010/11/13
この秋に発売した「しょうゆだし大根」と「旬菜三色漬」が好評です。しょうゆの風味が効いて後を引く美味しさの「しょうゆだし大根」と、ほんのり昆布のだしが優しい味わいの「旬菜三色漬」。どちらも北海道産の大根を使用し(春先は本州産になります)、ほどよく漬け込んだ弊社自慢のお漬物です。お近くの生協、スーパー各店でお買い求めください。

第4回東胆振地産地食フェア

2010/10/29
早いものでこのフェアも4年目を迎えました。今年は苫小牧スィーツのコーナーも新たに設けられ、大勢のお客様で大賑わいでした。ゲストのヒロ中田さんは「春夏秋冬の年4回開催する価値がある」とおっしゃっていましたが、つくる方も食べる方も楽しく参加できる大満足のイベントです。来年も出来るだけ肩の力を抜いて皆さんと一緒に楽しめると良いなと思います。

食べるたいせつフェスティバル2010

2010/10/18
コープさっぽろ苫小牧地区委員会主催の「食べるたいせつフェスティバル2010」が苫小牧市民会館で開催され、弊社も出展させていただきました。苫小牧、室蘭地区や日高地区の採れたて野菜や加工食品が所狭しと並べられ、大勢の市民で大賑わいでした。食の安心安全に関心が高まる中、メーカー側も地場産品の販売を通じて食の大切さを再確認する良い機会になりました。

原料生姜の買付け

2010/09/17
例年より半月遅れでタイに行ってきました。遅くなったのは、干ばつで生姜の生育が遅れ、加工用の塩蔵生姜の生産もずれ込んでいるため。おまけにナマ生姜の需要が高まり、生姜自体の絶対量が少なく価格も高騰しました。より良い商品づくりに欠かせない良質な原料は何とか確保しましたが、商品の値上げは必至で頭の痛い年になりました。

前ページTOPページ次ページ